FC2ブログ

【いつも】ぶら樽ネトゲ日記【ニコニコ】

(*‘ω‘ *)ゆっくりしていってね!(*´ω`*) 貧弱一般人のネトゲ&ゲームプレイ日記です。現在は「グラブル」をprprプレイ中です☆(ゝω・)v

装備の差を技術で挽回できるのぜ?

結論から言うと、できない。

この装備がなくても倒せるってのは、その装備の必然性が薄い又はアイテムで補填できるから。
デュエルシャポーやダルマティカがなくても倒せるっていうのは上記の話。

真龍脚による移動速度差を埋めることはできない。
NQ属性杖とHQ属性杖の命中率とダメージ差を埋めることはできない。
どう足掻いた所で、装備の性能差は技術で埋められない。
圧倒的な格差として、大いなる壁としてそれは確実に存在する。

黒魔氏のこの動画を見て我思う。12分以降の動きは、真龍脚がなければ確実に死んでいる。
それ以前の動きも、真龍脚が前提としてある。
真龍脚の移動速度上昇があるからこそ、浮いた時間を精霊詠唱に充てられる。なければ追いつかれる。
未熟な最下級ソロ垢魔道士ゆえ、そう思うという点は否めないNE。

しかしご本人は真龍脚無しでもいけるとおっしゃられております。
やはりスーパー赤魔道士は格が違った!! おいちゃんには無理!絶対無理!!
次はぜひ全属性杖NQ&オールAFのみ(装飾品一切無し)で倒して欲しいですNE( ^ω^)

臼魔氏も真龍脚があれば、その技量を考えると突破は可能でしょう。
無しで突破したのであれば、それは凄い事なので生暖かく見守り中ですお( ^ω^)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にーはぉ

新ブログ移行おめでとうでやんす

今回の記事は極論とは言えど深潭ですよねぇ…
最終的には装備の差は絶対にひっくり返せません
同じ技術の持ち主が居たら装備が良い方が強いのは明確です。

特に私は後衛不適正種族エルヴァーンです
75の赤タルタルと比べて素のMPとINTが泣けるほど低い事もあり(MP-250/INT14↓)
ソロ活動は難儀なものです

ですが…と、言うか。だからこそ
装備の差を技術で挽回とまでは行きませんが
近づける事は出来ます、これは断言します
決して「装備の性能差は技術で埋められない」とは思いません

ジラートMの究極のソロ相手AAEVに私は86回敗北しましたが
負けから一つずつ勝ちに向かっての布石を敷き詰めて
免罪もAF2もなく種族適正も乗り越えて勝つ事が出来ました
(たとえそれが1回限りの運だと思われるかもしれませんが)

私は「技術とは現状の装備品の力を120%引き出せる腕」だと思います。

aabelさんが過去に書かれている記事
http://aabel.blog97.fc2.com/blog-entry-12.html
これがいい証明だと思いますよ。
装備があっても技術が伴わないとこんなものだと思います

ソロを敢行する仲間として
楽しみながら頑張りまっしょい

追伸
ダスクが買えない場合は代用品として
(*゜ー゜)つ
ダスク手→タラスクミトン
ダスク足→オーガレデルセン

追伸2
神赤は実は■eのスーパーPCが操作するネットアイドルです。ううん知らないけどきっとそう!!
人間じゃねぇぇぇョ

AAEVにボコられ続けてた赤エル | URL | 2007-03-24(Sat)01:33 [編集]


☆AAEVにボコられ続けてた赤エル様

自分は、装備や性能差を埋めるのは技術ではなく、「努力」だと思います。


>同じ技術の持ち主が居たら装備が良い方が強いのは明確です。
実際、青龍を倒せる神赤氏と倒せない垢樽氏の差は技術ではなく、装備だと思うんです。
技術だけなら神赤氏と垢樽氏の差がそうそうあるとは思えません。
もしかすると垢樽氏なら青龍倒しちゃうかもしれないけど(;^ω^)


>決して「装備の性能差は技術で埋められない」とは思いません
スーパー赤魔道士はすべからく「装備なんてなくても技術で埋められる」と
言っているので、本当にそうなのか? という考えで書いたのが今回の記事です。
これを書いて、多分今が赤ソロ最初の壁なんだろうなと思っています。


>免罪もAF2もなく種族適正も乗り越えて勝つ事が出来ました
努力の結晶を、運の一言などで片付けられはしません。
勝利とは、最後まで努力し続けた者のみに訪れるものだと思います。
おめでとうございます!!!
再会の暁にたった7回の失敗で心折れた自分は最下級ソロ垢魔道士ですはい(´・ω・`)




追伸1
ダスクよりも先に買うべきものが多くて(´Д⊂ヽ
特に属性杖HQやインフィブルトルクは血反吐が出るほど欲しいですNE(^ω^)b
じっと所持金を見る(30万ギル
|出口| λ............トボトボ

追伸2
神赤の中の人が範馬勇次郎なのは確定的に明らか!ううんわかんないけどきっとそう!

ぶら樽 | URL | 2007-03-24(Sat)04:30 [編集]