【いつも】ぶら樽ネトゲ日記【ニコニコ】

(*‘ω‘ *)ゆっくりしていってね!(*´ω`*) 貧弱一般人のネトゲ&ゲームプレイ日記です。現在は「グラブル」をprprプレイ中です☆(ゝω・)v

ベガリーインスペクター その2

下位ハデス→上位ハデスに行ってきましたお( ^ω^)

-------------------------------------------------------------
ハデス上位
今回は学者で参加。
学者は、ハデス戦で輝きますよ( ・ω・)っ≡つ ババババ

(2015/06/08)内容を修正。


■下位ハデス Perfidien
□出現手順
アシュラックエリアに突入。
①火エレをMB〆で5体倒す。
 燕飛×2→湾曲→ウォータMB。
②氷エレを精霊連打で素早く倒す。全5体。
③火エレに学+侍で四連携を決める。
 ナイト+フラグを消費した人は、壁際で離れて待機。
④連携確定後、フラグを消費した人の近くにPerfidienが出現。

□攻略手順
①出現したPerfidienにナイトが挑発。壁を背に戦う。
②他のメンバーは素早く退避。侍は離れて待機。
③メテオをぶちかました後、精霊1系で体力を削る。
④弱点属性の合図である「もや」が出たら削りを停止。学者1人で弱点を探る。
⑤弱点が確定したら、学者がレベル1連携→MB。

■上位ハデス Plouton
□出現手順
アシュラックエリアに突入。
①火エレにMBで5000以上のダメージを与えて倒さない。1人で担当。
 燕飛×2→湾曲→MBウォータ。全5回。
②氷エレを精霊連打で素早く倒す。全10体。
③戻って火エレに侍で六連携を決める。
④連携確定後、Ploutonが出現。

□攻略手順
①出現したPloutonにナイトが挑発。壁を背に戦う。
②他のメンバーは素早く退避。侍は離れて待機。
③メテオをぶちかました後、精霊1系で体力を削る。
④弱点属性の合図である「もや」が出たら削りを停止。学者1人で弱点を探る。
⑤弱点が確定したら、学者がレベル1連携→MB。

■学者の役割
□エレ戦
侍にヘイスト→サイレス→連携MBを担当。

□ハデス戦
連携。弱点が出たら1回だけ行う。
チャージの都合で、2回やると足りなくなる可能性有り。
連携によるMBのダメージは連携のレベルに関係ないので、レベル1連携で問題なし。

■連携
□エレ戦
学者+侍で担当。対象は全て火エレ。
わたぶら樽さんは、1人で侍+学者を2アカ操作してます。

・準備
①侍に学者がヘイスト。
②侍にコルセアがサムライロール(ストアTP)+マイザーロール(セーブTP)。
③侍に吟遊詩人がマチマチ。
④侍が八双。
⑤学者が火エレにサイレスで戦闘開始。

・2連携(侍+学者)
①壱之太刀・燕飛→ 壱之太刀・燕飛→MBウォータ

・4連携(侍+学者)
①(八双→)震天動地の章→ストーン
②石火之機→震天動地の章→エアロ→2連携(炸裂)
③五之太刀・陣風→3連携
④五之太刀・陣風→4連携

・6連携(侍+学者)
①(八双→)震天動地の章→ストーン
②黙想→葉隠→震天動地の章→エアロ→2連携(炸裂)
③五之太刀・陣風→3連携
④五之太刀・陣風→4連携
⑤石火之機→五之太刀・陣風→5連携
⑥五之太刀・陣風→6連携

□ハデス戦
学者一人で担当。
弱点属性に合わせて、レベル1連携。
0ダメージ属性は連携OKだが、吸収属性は連携NG。要注意。

■ジョブ
□必要ジョブ
・ナイト:1名:盾。侍が居ない場合は4or6連携の〆役。
・白魔道士:1名:主にケアル回復。消されたプロシェの対応。
・吟遊詩人:1名:ナイトの状態異常回復と各種支援。
・風水士:1名:羅盤と精霊。ptごとに1人欲しい。
・学者:1名:連携要員。
・侍:1名:連携要員。ハデス戦では離れて応援。2アカ向き。
・黒:0~12名:速攻エレ焼きとハデス戦MB役。多いほど攻略が楽になる。
・コ:0~1名:ロールでストアTP向上etc。エンピ足+クイックドローで精霊ダメージ向上は未確認。
・シ:0~1名:トレハン要員。戦利品が増える。サポ赤で精霊を1発打つ。2アカ向き。

□攻略pt例
ナ白吟侍コ+学風黒+α
黒が多いほど攻略は早くなる。SPコート+1(黒AF119胴)必須。

■参考サイト
http://ffxi.wikiwiki.jp/
*基本情報。

自分用メモ:ベガリーPerfidien&Plouton 弱点探し早見表
http://lifie.blog.jp/archives/28418885.html
*弱点の探し方についての記事。
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)
これは要チェックやでぇφ(`д´)メモメモ...



まだまだ修行が足りませんお(;^ω^)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する