【いつも】ぶら樽ネトゲ日記【ニコニコ】

(*‘ω‘ *)ゆっくりしていってね!(*´ω`*) 貧弱一般人のネトゲ&ゲームプレイ日記です。現在は「グラブル」をprprプレイ中です☆(ゝω・)v

ヴォイドウォッチ ソロクリアへの道その6 第二章:ジュノルートStep3

ジュノで募集シャウトが常時あるジュノStep3は、
アラでクリアできちゃうんです( ゚д゚ )クワッ!!

------------------------------------------------------------------------
ソロクリアじゃないでしょ! ξ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン すいまえんでした!

シャウトあるなら、乗っかったほうが楽だもん(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


◇Step3

・Akvan(アーコマン)デルクフの塔
シャウトに乗って撃破。
黒/赤で参加。

・Pil(タビヤット)ベヒーモスの縄張り
シャウトに乗って撃破。
黒/赤で参加。

・Kaggen(マンティス)クフィム島
シャウトに乗って撃破。
黒/赤で参加。
2つ目の前衛用アートマを獲得。


2アカなのでそれぞれで1回ずつやってますが、
アートマもテンポラリアイテムも無い状態では、
黒/サポ赤での参加が無難だと思いました。

一度だけモンクでPilに参加したものの、被ダメが酷くて話にならず。
アムネジアで技を封印されたりとか。


□黒魔道士の担当について
黒(精霊枠)は基本的に3人。
学者1人+黒2人というパターンもあります。

基本的に、主催は「黒さんは分担をお願いします」と言います。
最初は何の事だかさっぱりでしたが、1回やると理解できます。

3人で精霊を分担します。基本的には以下の通り。

①精霊2-4系+計略
②ガジャ
③古代+精霊弱体

①は、学者がいれば学者が担当。
いなければ、誰か1人がサポ学にして担当。

②は一番楽です。
単にガジャを打つだけなので、誰でも簡単に出来ます。

通常の弱体は、手の空いた人(白含む)が適宜入れていく感じ。
基本的には、③が担当します。
ただ、非常に面倒な役割です。

つまり分担分けで「では古代と弱体を担当しますね」
とサラリと言ってのける人は、真のイケメンの黒魔道士です。


墨樽なわたぶら樽さんは「ガジャ系やります!」と言いたいですが、
それをやると「脳筋」のレッテルを貼られてしまう両刃の剣。
素人にはオススメできない。


□弱点の報告について
導眼/誘眼のジェイドを持っていると、どの属性が弱点なのかが表示されます。
これをパーティチャットで報告するのが基本です。

「黒火1」
「片手剣3」
「青氷555555555」

などなど。

135の数字は、!の数です。
!と出たら1。!!!と出たら3。
!!!!!と出たら、5になります。


黒は軽めの魔法を使うことで弱点が表示されやすいので、
積極的に報告しましょう( ゚д゚ )クワッ!!


そんな感じで、ジュノルートは終了。
ここから先は、しばらく保留ですお(;^ω^)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する