【いつも】ぶら樽ネトゲ日記【ニコニコ】

(*‘ω‘ *)ゆっくりしていってね!(*´ω`*) 貧弱一般人のネトゲ&ゲームプレイ日記です。現在は「グラブル」をprprプレイ中です☆(ゝω・)v

第3次スーパーロボット大戦α セレーナ編

セレーナ編をクリアした際の、メモ書きですお( ^ω^)

-------------------------------------------------------------
・PS2のエミュがかなりよく動くようになっていたので、久々にプレイ。
 (参考)PS2 エミュレータ|エミュポータル http://emu-portal.com/ps2.html
 ロムはDVD DecrypterでISOに変換。
 PS2本体もロム本体も、もちろんどちらも実機で持っておるます( ´ω`)b
 スパロボシリーズは、中古だと大体ワンコイン(500円)で買えますね。

・主人公の選択順は、以下の通り。
 1周目:セレーナ(ノーマル/終焉の銀河エンド)
 2周目:クォヴレー(Exハード/イデエンド)
 3周目:クスハ(スペシャル/今遥か遠い彼方エンド→終焉の銀河エンド)
 4周目:トウマ(スペシャル/今遥か遠い彼方エンド→終焉の銀河エンド)
 主人公が4人いるので、4周する。同時にフロー100%を目指す。
 今思うと、トウマ1周目でセレーナ3周目の方が良かったね、うん。

以下、攻略時のメモ書き。

・プレイ1周目。主人公はセレーナを選択。
 1周目は、熟練度をできるだけ取らないように進める。
 下手に熟練度を取ると難易度が上がり、戦闘が面倒になるため。

・主人公の初期機体、ASソレアレスは前半の切り込み役として使用。
 ただし武器の射程が全体的に短いため、射程を伸ばすパーツの装備が必須。
 序盤はデスサイズヘルやZガンダム、エヴァ初号機の全体攻撃も交えつつ戦う。
 後継機のASアレグリアスは、主にボスへの援護攻撃役として使用。
 MAP兵器は1発しか使えない代わりに強く、雑魚をまとめて掃討したい際に重宝する。
 切り込み役としては、下記のバーチャロン機が圧倒的に強いため、お役御免。

・最大の主力となるユニットは、バーチャロンの3機。第26話で参入。
 ALL攻撃の射程が長く、EN消費も少なく、宇宙S。
 ENと運動性と武器を、3機まとめて最優先で改造していく。
 ただしサイズがS~Mなので、サイズ無視の特徴を取得したい。
 ハッターはALL攻撃のEN消費が少ないが、射程が短い。ハロを付けて対応。
 テムジンはALL攻撃もあるが、EN消費が多め。援護攻撃能力を活かすと良い。
 フェイはALL攻撃が強いものの、必要気力が高め。脱力要員にもなる。
 この3機を1つのチームとして作り、切り込み役とする。
 残る1機は、EN回復能力を持つユニット(剣竜パゾラー)がオススメ。

・第32話でバサラがパワーアップ。歌がMAP兵器になる。
 これにより、気力上げが楽になる。
 マイクでバサラたちの気力を上げ、バサラで全員の気力や能力を上げる。

・全体的な改造方針は、以下の通り。
 1:主人公機のENと運動性と武器をMAX改造。
 2:スーパー系全般及び全体攻撃が強いユニットのENを適度に改造。
 3:バーチャロンチームのENと運動性と武器をMAX改造。
 4:コンVとボルVの武器をMAX改造。
 5:ダイモスの武器をMAX改造。
 6:スーパー系の武器を適宜改造。

・ルートは宇宙方面(バーチャロイドが進む方)を選択。
 第19話で2分岐。対星間連合部隊。
 第30話で2分岐。外宇宙ルート。
 ゴーショーグン、ゲッター、コンV、ライディーン、勇者ロボ、大空魔竜、バーチャ、マクロス7。
 第38話で2分岐。ボアザン星ルート(バトル7側)。
 トップ部隊、マジンガー、ジーグ、コンV、ボルV、ダイモス、大空魔竜戦隊、ゴーショーグン、
 獣戦機隊、マクロス系、VR。
 第45話で4分岐。ボアザン星ルート。
 コンV、ボルV、ダイモス、イデオン、勇者ロボ、VR、ライディーン。
 第57話で3分期。宇宙怪獣戦ルート。
 バルキリー、トップ、EVA、マジンガー、ジーグ、ライディーン、ゴーショーグン、
 ダンクーガ、ガイキング、勇者ロボ、VR。MAP兵器で敵を一掃。

・最終話の撃破数。
2012-08-17_074232.png
 上位3名はバーチャロンの面子。
 ちなみに4位はセレーナ(451機)、5位はコスモ(405機)。
 基本的に単騎(単隊)駆けなので、撃破数が偏りがち。

・セレーナ編(一周目宇宙中心)のスーパー系ユニット評価。
 ◎:コンV、ボルV、マイク。
 ○:真ゲッター。
 ▲:ダンクーガ、マジンカイザー、ガンバスター、ガガガ、ダイモス、
   ゴーショーグン、イデオン、SRX。
 △:上記&下記以外のスーパー系全て。
 ×:ライディーン、ダイターン3、ガイキング、ジーグ。
 マイクは気力上げ&応援要員。必須。気力上げが楽になる。意外と戦闘力も高い。
 コンVとボルVは5人乗りによる精神コマンドの充実、武器の強さなど、
 ENをMAX改造するだけで、対ボス戦において大活躍してくれる。
 真ゲッターも同様だが、精神コマンドや武器性能でワンランク劣る。
 イデオンはイデが発動すれば無敵なのだが、そこへ持っていくのが大変。
 無改造でいいのは利点。
 複数乗りのユニットであれば、だいたい活躍してくれる。特に覚醒があると強い。
 1人乗りのユニットは武器性能と精神コマンド次第。

・セレーナ編(一周目宇宙中心)のリアル系ユニット評価。
 ◎:バーチャロイド3機、ファイアボンバー。
 ○:主人公機。
 ▲:デスサイズヘル。
 △:補給修理ユニット全般。
 ×:上記以外のリアル系全て。
 バーチャロイド機で切り込み、マイクとファイアボンバーで気力を上げる。
 主人公機は前半の切り込み役。後半は援護攻撃とMAP兵器で活躍。
 デスサイズヘルは、序盤はかなり重宝する。ただし、中盤以降は空気。
 リアル系は全般的に不遇な(使わない)ユニットが多い。
 宇宙中心で進むと、シード勢を改造する必要性は薄い。
 ストライクを改造しても、ほとんど活躍しない。
 まあバーチャロイド勢が、飛び抜けて強すぎるというのが問題なのだが。
 いるだけ参戦なのに、この強さはちょとsyレならんしょ…。

・小隊の編成。
 1:主人公機、アルテリオン、ベガリオン、メガライダー。
 2:チーフ、フェイ、ハッター、剣竜パゾラー。
 3:マイク、レベルを上げたい3機。
 4:バサラ機、ミレーヌ機、レイ機、ガルバーFX(激励要員)→シビル。
 5:デュオ、カトル、五飛、トロワ。
 6:EVA初号機、EVA弐号機、EVA零号機(コストダウン)。
 残りはスーパー系ユニットを小隊長にした編成。
 コンVとボルVは別の小隊にした方が、覚醒込みでの攻撃回数が増える。

・基本戦術。
 切り込み役の1隊で無双しつつ、後方でマイクやバサラによるスーパー系の気力上げ。
 雑魚を一掃した後、スーパー系でボスを倒す。
 切り込み役は、原則として1小隊。
 前半(第1~26話)は主人公機、中盤(第27話)以降はバーチャロン勢が担当する。

・プレイ総評。
 初回プレイということで、資金が足りない。改造は最低限で済ませる方針で進めた。
 ストライクは無改造で進めたが、分岐でシード側に進まなかったため、特に問題無し。
 それにしても、バーチャロン勢がガチで強すぎる。主人公の後継機すら空気である。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する