【いつも】ぶら樽ネトゲ日記【ニコニコ】

(*‘ω‘ *)ゆっくりしていってね!(*´ω`*) 貧弱一般人のネトゲ&ゲームプレイ日記です。現在は「グラブル」をprprプレイ中です☆(ゝω・)v

革新PK 上杉家 1603年 太閤の恩 その2 会津若松城防衛

景勝の野望ですお( ^ω^)

----------------------------------------------------
■1603年6月~8月
・新発田城攻略後、内政要員(政治力71以上の武将)は、全員新発田城へ移動させる。
 新発田城では、平林正恒(政治71内政C)を奉行にする。

・新発田城を落とした後、景勝たちは水原親憲を残して会津若松城へ戻す。
 水原親憲は最速で募兵を3回行った後、会津若松城へ移動。
 会津若松城には、農村4つを建てる。全て水田か畑。
 徳川軍が進軍してくる合間をついて、景勝たちで募兵と建設を行う。

kagekatu012.jpg
・宇都宮城から徳川軍が攻めてくるので、これを迎え撃つ。
 8月から9月の間に城攻めをされていると、水田の収穫を含めて収益が0になる。
 そのため、この間は敵を城に近づけさせないよう出兵する必要がある。
 迎え撃つ際、新発田城の兵は動かしてはいけない。
 理由は2つ。兵糧が不足する事と、その後の攻めが成り立たなくなる事。
 よって会津若松城は、募兵3回分の兵のみ(3000強)で守る事になる。

kagekatu005.jpg
 奇襲と鉄砲、城壁を使った防御で守り抜く。

kagekatu006.jpg
 武将の質にもよるが、ここを守り切れないとアウト。


次は徳川包囲網からの柏崎港攻略ですお( ^ω^)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する