【いつも】ぶら樽ネトゲ日記【ニコニコ】

(*‘ω‘ *)ゆっくりしていってね!(*´ω`*) 貧弱一般人のネトゲ&ゲームプレイ日記です。現在は「グラブル」をprprプレイ中です☆(ゝω・)v

需要など読むな

ただの独り言ですお(;^ω^)

---------------------------------------------

開拓流行れPが主コメに
「ただ客に受けるものを作る。それだけが至難。俺にも同じことができるのか。」
と書いているのを見て、我思う。

開拓流行れPすごいなあこがれちゃうなー
マジ1000%愛してるちゅっちゅ(*´ω`*)


アンタそれ言いたかっただけでしょ! ξ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン なぜバレたし!


以下、ツイッター発言より引用。
http://twitter.com/#!/ashibetaku
> 20年間にわたり一度として需要なんか読んだことのない僕なんかは。
> RT @korumono: 創作において需要を読むのは必要な能力だ。
> これは読者に媚びるのとはまた別の話。
> 8月23日
森江春策P「需要など読むな」
ぶら樽「キャーモリエシュンサクPステキー!!(*‘ω‘ *)」

ここでkorumono氏が言っている「需要を読む」ってのは
「より多くの人達に何が必要とされているのかを考える」という事でしょう。
だけど、大枠では「見る人たちの事を考えて作る」って意味も含んでいる。
最初に開拓流行れPが言っているのも同じこと。

需要を読まず、自分が作りたいものを作る。それができるのは
「評価を受ける気の無いアマ」と「需要を自分で生み出せるプロ」です。
前者はぶら樽、後者は尾田栄一郎先生などでしょうか。
*ちなみにぶら樽は、ONE PIECEが大好きです(・ω<)てへぺろ
アマとして評価を受ける気が無いなら、他人に迷惑をかけない前提ありきで良いと思います。
プロとして一人で売れる作品を作れるなら、そこに需要があるのだから問題ありませんね。

「評価されたいアマ」と「他の人を巻き込んで需要を生み出すプロ」は、
需要を考えられた方がいいんじゃないかなー、と思います。いろいろな意味で。
プロが需要を読まずに変な方向へ行って、酷い事になった作品もありますしね。


ワゴン行きになったあの作品の事かーっ! ξ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 名前は出すなよ名前は!


ニコマスに限って言えば、評価を受けたいPもいるし、評価なんて知ったことかというPもいる。
記事を読んで貰いたいブロガーもいるし、書きたいことを書くだけのブロガーもいる。
そんなカラフルデイズな世界なので、自分が信じる道を行けばいいのではないでしょうか。


ぶら樽は「需要など読むな」を合言葉に、今後も適当に行くますお!( ^ω^)


☆今日のニコニコぷん

■テラフガシP
連載する方の冨樫先生キテマスヨー!!(*‘ω‘ *)
あいかわらずタグが酷い(;´∀`)
愛ちゃんじじゅうして!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する