【いつも】ぶら樽ネトゲ日記【ニコニコ】

(*‘ω‘ *)ゆっくりしていってね!(*´ω`*) 貧弱一般人のネトゲ&ゲームプレイ日記です。現在は「グラブル」をprprプレイ中です☆(ゝω・)v

これは勉強になるシリーズφ(`д´)メモメモ... その2

就職王と呼ばれた俺が新卒どもにアドバイスしたい。

就活って大変よ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

------------------------------------------------
自分ができることはなにかっていうのを考え、その能力を素晴らしいものであると見せかける。
これ超重要。
これは別に就職面接だけに限らない。プレゼン全般に言える。
プレゼン(企画)を通す。それは「相手を納得させること」がすべてである。
そのために必要になるのが説得力なのだが、上記の記事は
その説得力の構築方法について書かれている。

上記の記事ではウソと書いてあるが、個人的には「ハッタリ」と言ったほうがわかりやすいと思う。
通してしまえばこっちのもの。後は自分の好きなようにやれる。
逆に言えば、通せなければ何も出来ない。
だからこそ説得力のためのハッタリも必要になるわけです。
別にハッタリが必要ないなら、使わないに越したことはない。
でも、大体はハッタリきかせたほうが通しやすい。これは俺の実経験。

ただし、言ったことをやっぱりできませんでした!ってのはダメ。
少なくとも、最低限の仕事はできる、というレベルじゃないとお話にならない。
そこを間違うと、大変なことになる。
できないことをできるとか言ってはいけない。

後は自信を持って相手の質問に対して反論すること。
そのために必要なのは自分自身の芯。人それを「コンセプト」と呼ぶ。
企画を作るときは、コンセプトが必須です。
それに沿ってすべてを作っていくのが重要なのですが、それはまた別の話。
なんで0を1にするのがダメかという理由の1つに、0だと芯にならないからってのもある。
反論しようにも、0だとできないんだよねこれが。そして自信にも繋がらない。
上記の記事では、その辺の対処方法について「基礎の部分を作り込め」と書かれている。
根元が弱いと、木は簡単に倒れる。つまりはそういうこと。

なんだかコメントでの反論が多いけど、俺はこの記事の内容を支持します。
人事部の人間が、そのハッタリを見抜けるかどうかは、また別の話。


☆今日のニコニコぷん

■せん・りつP
キテマスヨー!(*‘ω‘ *)
今回は、4000万円のダイヤと650円のガラス玉を見分けるチェック。
いやー、フラグ乱立すぎて笑うw
そして今回も、内藤小鳥さんのコメントが素晴らしいですな。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する